村上春樹研究所HOMEへ

村上春樹研究所 > 作品紹介 > マンガ化作品

村上春樹さんのマンガ化作品を発売日順にご紹介!!

マンガ化(バンド・デシネ化)作品

どこであれそれが見つかりそうな場所で

どこであれそれが見つかりそうな場所で

出版社:スイッチパブリッシング

発売日:2019/7/20        単行本:40ページ

“夫はそこで消えてしまったのです。煙のように——"自宅マンションで忽然と姿を消してしまった失踪人の妻からの依頼を受け、主人公の“私"は調査をはじめた。彼はどこへ消えてしまったのか、なぜいなくなってしまったのか。マンションの階段で出会う奇妙な住人たちとの何気ない会話から事件に迫る。失踪人を捜すという行為をとおして、“私"が本当に捜しているものとは。

恋するザムザ

恋するザムザ

出版社:スイッチパブリッシング

発売日:2019/3/20        単行本:40ページ

主人公は「目を覚ましたとき、自分がベッドの上でグレゴール・ザムザに変身していることを」発見する。ここがどこなのか見当もつかない中、家を訪ねてきた鍵修理屋のせむしの娘と出会い、彼女に本能的な好感を抱き、「また会いたい」と心から願うように……。無垢な主人公が、世界と出会い、人と出会い、恋に落ちる。ちょっと奇妙で、でも美しい。珠玉のラブ・ストーリー!

バースデイ・ガール

バースデイ・ガール

出版社:スイッチパブリッシング

発売日:2018/8/20        単行本:36ページ

20歳の誕生日にレストランでアルバイトをする“彼女"は思いがけずオーナーと不思議な時間を過ごす。そこで彼女が語る、たった一つの“願い"――。そして今、大人になり結婚をし、子供も生まれ“悪くない"生活を送る“彼女"。一度しかない人生の中で無数に訪れる選択と後悔。誰もがふとした時に振り返る自分の人生と幸福。

シェエラザード

シェエラザード

出版社:スイッチパブリッシング

発売日:2018/4/20        単行本:56ページ

週に二度「ハウス」の中で時間を共有する羽原(はばら)と彼女。前世の話、少女時代の秘密……一度性交するたびに彼女はひとつ不思議な話を聞かせてくれる。まるで『千夜一夜物語』の王妃シェエラザードのように。

かえるくん、東京を救う

かえるくん、東京を救う

出版社:スイッチパブリッシング

発売日:2017/10/20        単行本:26ページ

平凡な中年サラリーマンの「片桐」の元に突如現れた「かえるくん」。なんの取り柄もない片桐に、かえるくんは自分とともに東京を救ってくれと頼みます。戦う相手は東京の地下に眠る「みみずくん」。眼前に迫る未曾有の危機に、片桐とかえるくんはどう立ち向かうのか――。

パン屋再襲撃のマンガ化

パン屋再襲撃

出版社:スイッチパブリッシング

発売日:2017/6/20        単行本:28ページ

村上春樹原作の短編が漫画化されるシリーズ「HARUKI MURAKAMI 9 STORIES」の第一弾作品。フランス人アーティストがバンド・デシネ化するシリーズ。「バンド・デシネ」とは、フランスやヨーロッパでの漫画の呼び名で、フルカラーでアーティスティックな画風が特徴。

 
ページトップへ